すべてのカテゴリ
EN

ホーム>製品>甘味料&フレーバーソリューション

甘味料&フレーバーソリューション

Kangbiotechは、苦いオレンジ(Citrus Aurantium L.)に由来する甘味料とフレーバーエンハンサーまたはモディファイアーの開発に専念しています。 特に不快な味やにおいを抑えるために、甘いもの、塩辛いもの、辛いものなど、さまざまな完成品に合うカスタムメイドのフレーバーソリューションを提供しています。

私たちの専門家チームがカスタマイズされたサービスを提供し、あなたのニーズに参加して理解し、親切に適切にアドバイスします。 私たちの目標はあなたの成功であり、あなたの製品の価値を高めます。

  • ネオヘスペリジンジヒドロカルコン
    ネオヘスペリジンジヒドロカルコン

    ビクターオレンジ由来の低カロリー甘味料で、ショ糖の1,500倍から1,800倍の甘さで、NHDCはFMPの最も代表的な物質として扱われています(特性を変更したフレーバー)。

  • 複合甘味料
    複合甘味料

    異なる甘さと味のプロファイルを持つ複合甘味料は、お客様のご要望に応じて専門的に設計されたものがご利用いただけます。

  • ナリンギンジヒドロカルコン
    ナリンギンジヒドロカルコン

    ショ糖の500〜700倍の甘味力を持っています。 また、食品や飲料の味を高めるために適用されます。

  • モグロサイドV
    モグロサイドV

    S. grosvenoriiフルーツから抽出。 スクロースより250倍甘く、砂糖の代用品として一般的に使用されます。

  • ステビオサイド
    ステビオサイド

    特にアメリカとアジア(日本、中国)で多くの地域で甘味料として使用できるステビアの葉から調製。